• ホーム >
  • 専門的な歯科治療について(口腔外科)

口腔外科専門の医師が診療を行います

ふじみ野市上福岡の歯医者「青山歯科医院」には、口腔外科専門分野の医師が2名、「青葉歯科医院」には3名在籍しています。そのため虫歯や歯周病といった一般的な歯科治療のほかに、親知らずの抜歯や顎関節症の治療など、高度な口腔外科分野の診療にも対応することができます。歯や歯ぐきだけでなく、お口の中の粘膜の異常や顎の痛みなど、お口周りの心配ごとがあれば、お気軽にご相談ください。

親知らずの抜歯もおまかせください

親知らずの抜歯もおまかせください

口腔外科が担当する治療としてもっとも代表的なものの一つに、「親知らずの抜歯」があります。激しい痛みをともなう親知らずは、多くの場合で抜くことが必要になります。症例によっては対応(診療)できない歯科医院もありますが、当院には口腔外科専門の歯科医師がおりますので、安心しておまかせください。

親知らずはどんなときに抜く必要がある?

奥歯のさらに奥に、横を向いたり斜めに生えてきたりする親知らずは、「必ず抜歯するもの」と思われている方も多いのではないでしょうか? しかし実際には、正しい向きできちんと生えていれば抜く必要はありません。親知らずの抜歯を判断する基準は次のとおりです。

  • 親知らずが邪魔でブラッシングがしにくい
  • 生える向きが悪く、周囲に炎症が起きている
  • 親知らずが虫歯になっている
  • 親知らずと隣り合う歯が虫歯になっている
  • 手前の歯を強い力で押しており、歯並びを乱す恐れがある
  • すでに噛み合わせが乱れている

このような状態である親知らずは、抜歯が必要だといえます。判断には診察が必要ですので、まずはご相談ください。

「移植」にも対応しています

「再植」にも対応しています

親知らずなどの不要な歯を、歯を失ってしまった部分に植え替える治療を「移植」といいます。これは、事故などで歯を失ってしまった場合などにも対応できる治療です。

移植のメリットは、ご自身の歯を用いるためにお口になじみやすいという点。また、移植した後の歯には補綴物が必要になります(移植の処置には保険が適用されます)。当院では移植にも対応していますので、お気軽にご相談ください。

顎関節症について

顎関節症について

「口が大きく開けられない」「慢性的に顎が痛い」「口を開け閉めするとカクカク音が鳴る」といった症状が現れる顎関節症。とくに、成人の女性に多い病気です。顎関節症は、無意識下で行っている歯ぎしりや噛みしめ、食いしばりなどが原因になるといわれています。症状を緩和するには、顎関節にかかる力を和らげながら正しい噛み合わせを導いていくマウスピース療法などがあります。

顎関節症の治療は、口腔外科の担当です。上のような症状を放置しても改善されないだけでなく、どんどん悪化してしまうこともありますので、気になる症状がある方は一度当院にご相談ください。
>>顎関節症についてはこちら

~口腔外科専門分野の担当医としての役割~

開業医である当院には、同じ口腔外科でも大学病院に比べごく初期の段階から患者さんが相談に来てくださいます。初期のうちにご相談いただければ症状を悪化させずに済むだけでなく、比較的簡単な治療で改善することも可能です。

開業医における口腔外科分析分野の役割は、こういった点にあるのではないかと考えています。大学病院に行くのはちょっと……と気後れされるようなほんのちょっとの違和感も、ひとりで悩まず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

青山歯科医院の口腔外科についてのお問い合わせはこちら049-262-1068上福岡駅より徒歩10分 / トリートメントコーディネーター・保育士が常勤